学習机は機能性を重視するべき|ずっと使えるものを買おう

キッズ

義務教育が始まるなら

義務教育が始まれば自宅で勉強をする時間が増えるため、子供のために学習机を買ってあげるとよいでしょう。現在だけを考えて購入するのではなく、未来のことも考えて、高さ調節機能や収納スペースが充実しているものを選ぶと後悔しません。

最新記事一覧

子供

各タイプを比較して選ぼう

学習机にもいろいろな種類があり、将来を見据えて使用できる組み換えタイプや、リビング用の学習机も存在します。また、部屋の空間が限られる場合は、コンパクトに使用できるシステムタイプやライティングタイプが最適です。

子供部屋

機能性も価格も素晴らしい

要するに、購入する際には学習机の機能性を考慮しながら、結局は子供の好みを第一に優先してあげる、ということが一番かもしれません。大人の好みを押し付けてしまうよりも、本人の希望を重視すると強い心も育っていく傾向が高いです。

女の子

ずっと使いたくなる家具

学習机と言うと、高価な買い物というイメージがあります。しかし、使う頻度が高い机はモチベーションが上がるはずです。お気に入りを購入し、長い期間大切に使いましょう。ずっと使う前提だと、選ぶのも楽しくなりますね。
男の子

お得に購入できる時期とは

高額になりやすい学習机は、購入する時期によっても価格が上下します。もっとも安く購入できる可能性があるのは、入学シーズンを終えたころ。また入学シーズン直前の駆け込みセールを狙うのもオススメです。事前にリサーチしておきましょう。

キッズ

失敗しないためのポイント

学習机を購入する際に注意したいのは、サイズです。広い店内で見るよりも、実際に家に運んでみると「大きかった」と感じる方は多いです。設置が難しければ、返品することになってしまいます。また収納アイテムなどは、同時購入すると安心です。

子供部屋

リビング学習にもおすすめ

学習机を購入する目的は、学習習慣をサポートすることです。子供部屋に設置するのも良いですが、最初からリビングの一角に設置するのもオススメの方法です。インテリアにもなじみやすい、ナチュラルテイストでシンプルなデザインのものを選びましょう。

学習環境を決める

男の子

使用する期間

小学校に入学すると必要となる学習机はさまざまなものがあり、価格にも幅があります。どのような環境で学習させたいかということを検討する必要があります。子供部屋があり、長期間に渡って使用することを想定するならば、子供の成長に合わせて天板を移動できるものなどサイズを変更できるものであることが重要です。また、しっかりとした造りのものを選ぶ必要があります。最近では学習机に傷ができた場合にも付属の補修キットを使うことで修復することができる製品もあります。年齢が小さいうちは親が補修して、子供が大きくなれば子供に補修させてみるなど物を大事に使うことを教えることもできます。長期間使用することを想定するのであれば学習机の設置場所を決めておく必要があります。一方で、成長に合わせて買い換えていくのであれば、年齢に合わせて必要な機能が満たされているかを確認することが大事です。子供の年齢が小さいうちはリビングで学習することで集中力が高まることもあるので、そのような場合にはリビングに学習机を置くこととなります。その場合、リビングのインテリアと合うようなカラーリングのものを選ぶことがポイントです。使わなくなったあと、どうするかということを考えて選ぶこともひとつの選択肢です。そのまま本棚として使用したりすることもできます。また、最低限の造りのみで、必要な部品を後に買い足していき、オリジナルの学習机を完成させることもできます。

PICK UP

キッズ

義務教育が始まるなら

義務教育が始まれば自宅で勉強をする時間が増えるため、子供のために学習机を買ってあげるとよいでしょう。現在だけを考えて購入するのではなく、未来のことも考えて、高さ調節機能や収納スペースが充実しているものを選ぶと後悔しません。

子供

各タイプを比較して選ぼう

学習机にもいろいろな種類があり、将来を見据えて使用できる組み換えタイプや、リビング用の学習机も存在します。また、部屋の空間が限られる場合は、コンパクトに使用できるシステムタイプやライティングタイプが最適です。

子供部屋

機能性も価格も素晴らしい

要するに、購入する際には学習机の機能性を考慮しながら、結局は子供の好みを第一に優先してあげる、ということが一番かもしれません。大人の好みを押し付けてしまうよりも、本人の希望を重視すると強い心も育っていく傾向が高いです。

女の子

ずっと使いたくなる家具

学習机と言うと、高価な買い物というイメージがあります。しかし、使う頻度が高い机はモチベーションが上がるはずです。お気に入りを購入し、長い期間大切に使いましょう。ずっと使う前提だと、選ぶのも楽しくなりますね。